リフレクソロジーの効果

2007年6月22日 (金)

リフレクソロジーを受けたら

逆に、身体の不調が表にでてきた。という方は多い。好転反応というのもそのひとつ。

いわゆる好転反応というものは、おおよそ1~2日で、消えていくものをさすのだが、もっと長いスパンで出る方もいる。

長年便秘に悩まされていた方が、何度かトリートメントを受けているうちに、トリートメントを受けてから3日ほどたったある日、突然下痢をした、ということもあった。そしてその後、便秘は改善されたということも。

また、ある方は、トリートメント受けて何日か後に、突然の発熱で、38度も出た方もいたし。(20年ぶりぐらいだったらしい)

他に面白いのは、トリートメントを受けたことによって、それまで感じていなかった体の不調を自覚した、という方も多いということ。(先回のコメントにhoihoiさんが、書いているように)

慢性の症状は、いわゆる慣れ、という状態になっていて本人の自覚がなくなっている場合が多い。でも、身体はそれでも不調には変わりないのでそのままほっておくと、病名のつくような状態になることもある。(アドレナリンでまくり状態の人など)

他には、ひとつの症状がなくなって、他の不調部分がその方の中でクローズアップされる場合もある。

また、定期的にトリートメントを受けていると、身体の不調に敏感になって(ある意味自分の身体に意識が向いているということ)以前よりもメンテナンスの必要性を感じるのが早くなる方もいる。

身体の不調は身体からの信号なので、気がつかないでいるよりも気がついたほうが対処できる。

それに、身体の不調はある意味、身体が正しく反応しているということでもある。熱、炎症などは、特にそう。身体の防御と修復を行っている証拠なのだ。

膿だって、私たちの身体を守るために戦って死んでいったいとおしい白血球たちだからね。

リフレクソロジーは、何かの症状に働きかけるのではなくて、こういった身体の機能を高めるお手伝いをするのもなので、時にはトリートメントを受けたら身体の調子が悪くなった、という人もいるのだ。

でも、何度か続けていけば、そのうちからだのお掃除が終わって、身体が軽くなるから何度か続けて受けてみてくださいね。

特に歳をとっている人、身体の不調が長く続いている方は、回数がかかる場合があるけれど、身体もリセットしてあげないとね。長いお付き合いなのだから、これからも。

| | コメント (0)