リフレクソロジーと時間

2007年5月28日 (月)

トリートメント時間

時々質問を頂くのだが、どうして時間が決っていないのか?

リフレクソロジーのトリートメントは、反射区を全て押す。だから、人によってまちまちになってしまうのです、時間が。だってね、同じ指で(私の指)で押すのだから、足の大きさによって、押す回数が変わってくるのは、わかりますよね。(面積が違うから)

ということは、足の大きさによって、施術時間は、変わります。小さい足の方だと、30分位。でかい人(28センチ位あるお客様もいますが)は、45分ぐらい。

そして2回目以降だと、その方の状態に合わせて、再トリートメントするので、大きい足の方は、1時間位かかります。(初回の方は、好転反応を見るために、再トリートメントはしないのです。そのかわり、お身体の状態やリフレクソロジーについてとか、好転反応のお話をさせていただくので、時間は、結構かかります。)

その前後に、今日のお身体の状態や、生活状態などをお尋ねしたり、どうでもいいお話や(これがまた大事なのですが)普段の生活で気を付けることや、リフレクソロジーについて、などのお話をさせていただくので、どうしても最低でも1時間はかかります。(平均すると、1時間半位)

私の場合、最初からそういう風に学んだので、巷の40分コース、とか、目にすると、どうやっているのかな?と、思います。

最初に教えていただいたITECで、勉強された(その当時は日本では、ITECの勉強はできなくて、その先生もイギリスで勉強されたのです。)先生も、ショートコースの20分はどうやってやるのだろう?と、不思議がっていました。(リフレクソロジーは、足全体を(反射区)施術することにより、その方の体の調子を整えるものなので、対処療法のようなことはしない、というのが、基本です。)

先日のホテルでのイベント仕事でも、男の方がいらしたときは、どうしても手が早くなってしまいます。足が大きいからね。小さな足の方は、時間が余れば、エネルギーバランスを長くしたりして、時間調整できますから、大丈夫でしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)