« ベビーマッサージの後はリフレクソロジー | トップページ | 地球は、水の惑星。人は、水で生きている。 »

2009年2月 6日 (金)

ハンドリフレクソロジーとフットとの違い

今カルチャースクールの講座でハンドとフットと両方の講座を開いている。そこでよく質問されるのが、「ハンドとフットとどう違うのですか?」

(次回講座リビングカルチャー倶楽部ハンド講座昼の部

基本的には、手にも足にも同じように反射区が存在するので、どちらに行っても効果は同じこととなる。(だから、手と足同時にするということは、2度トリートメントを受けることとなるので負担がかかり、お勧めしない。)

ただ、ゾーンセラピーをきちんと習った人ならわかると思うのだけど、手からの刺激は、一旦頭に上り、その後頭から足先に伝わっていく。

反対に足からの刺激は、足から頭に上り、その後頭から手に伝わっていく。

この伝わり方のせいか、ハンドとフットでは、受け手の感じ方に違いが出るようだ。

頭の疲れ(ストレスや不眠)を感じている方には、ハンドのほうが効果的なようで、すぐに頭が緩む感じがするし、身体(体幹や内臓)のトラブルには、フットのほうが足からの刺激がぐっと伝わってくる感じがする。

先ほど書いたようにどちらも理論的には効果は変わらないので、ハンドでも便秘などの改善も見られるし、フットでも脳みそがとろけるようになるから(笑)、どちらでもいいのだけど、身体の感じ方にはこのような違いが出るので、この場合はハンドのほうがお勧め、この場合はフットがお勧め、と、その時の状態によって変えてみるのもいいかもしれない。

あと、ハンドは、セルフにはとても向いているし、電車の中やオフィスで疲れたときに簡単に行うことも出来る。それがメリット。覚えていて損はないもの。

確か前にも書いたけどホームケアではハンドは活躍する場が多いと思う。

プロは逆にハンドは避ける傾向にあるけど。(反射区が小さい、お客様との距離が近くなるのでお互いがリラックスしにくい。あと、手を触る行為は親密な行為となるので、やっぱりリラックスしにくい。など。)

リフレクソロジーというと「足」が定番だけど、ハンドも覚えておくのはとってもお勧め。

・・・でも、ハンドだけを覚えるというのは、ちょっと寂しいかもしれない。足のほうがリフレクソロジーの面白さを堪能(?)できるから。

その人の体つきと足との関係など、面白いのよね。

|

« ベビーマッサージの後はリフレクソロジー | トップページ | 地球は、水の惑星。人は、水で生きている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベビーマッサージの後はリフレクソロジー | トップページ | 地球は、水の惑星。人は、水で生きている。 »