« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年11月

2007年11月23日 (金)

セルフトリートメント講座開講

入門講座の感触がよかったので、これから定番の講座にしていきたいと思います。

名前改め「セルフリフレクソロジー講座」です。

まだ、リフレクソロジーが本来どういうものなのかを知らない方が多いと思います。

リフレクソロジーとはどういうものなのか?というお話をしながら、自宅でできるセルフトリートメントを簡単ですが学んでいただけます。

ちょっと、興味があるけど、本格的に学ぶのはまだ・・・という方、ぜひ、遊びがてら勉強しに来て下さいね。

夕方のコースも検討中です。

とりあえず、ハンド、フット交互に開いていきたいと思います。

みなさん、ぜひ、参加してくださいね。

12月の講座 セルフ・ハンドリフレクソロジー

12月22日(土)10:00~12:00

あなはた栄ルーム

定員4名

参加費5,000円

詳細スクール案内

お待ちしております。

| | コメント (0)

2007年11月18日 (日)

なぜ、反射区全部なのか?

そういえば、かなり前に(すいません・・・)本によっては、症状別の反射区が載っているけれど、その反射区だけを刺激すればいいのか?という質問をいただいたことがある。

リフレクソロジーは、身体のバランスを取ることによって、その結果、その人の持つ治癒能力、免疫力を回復させる(こちらのほうがぴったりかな?)、または、UPさせる、というもの。

狭義のホリスティックだと思ってもいいと思う。

身体の不調部分だけをとらえて、改善するのではなくて、身体の不調は身体のバランスが崩れているからゆえ、で、あるという考え。

簡単に考えても身体は全て繋がっている。そして、一件別の働きをしているように思えても相互に関連しながら働いている。(身体を系別に考えると別々のようだけれど)

言われてみれば、とおっしゃる方も多いけど、臓器の働きは、頭がコントロールしている。なので、トリートメントを始めて指のトリートメントが終わる頃には、すでに消化器系の動きが活発になってぐるぐるいい始める人が多いのだ。

たとえば、胃の問題は胃の反射区だけの問題ではない。自律神経が深く関わっているし、また、ホルモンも関係しているし、ホルモンと自律神経は関係が深い。また、免疫にも深く関係している。(以前にたしか、ストレスのところで書いたような・・・気がするけど)もう凡人の頭では計り知れないような働きを身体はしている。(勉強すればするほど、ハムレットのホレイショーの気分である。ちょっと違うか・・・笑)

もっと、もっと簡単に言えば、肩こりって肩だけの問題じゃないのは、よくお分かりだと思う。

眼精疲労が原因だったり、噛みあわせが悪かったり、首のこり、頭皮のこりだって、関係している。あ、もちろん緊張もね。(腰やら、なんかも関係しているときがあるし)

だから、そこだけ見ても、改善されない場合が多いと思うのだ。

もちろん、調子の悪いところは他のところよりも念入りにしたりするし、うちのスクールでも症状別のトリートメントは養成講座で教えている。(これが生理学やら、病理学のいい勉強になるのだ)

でも、それはあくまでも、全身の反射区に働きかけた上で、ということなのだ。

部分的な刺激もしないよりはしたほうがいいけれど、一時の効果、ということも多いし、全身に働きかけるのとは断然その後が違う。

ぜひぜひ、トリートメントは全部の反射区を刺激してあげてください、セルフでもね。

どうしても時間がないときでも、指全体は刺激してあげるといいと思う。(理由は考えてくださいね。ヒント、ゾーンセラピー)

では、また、いつの日か・・・・続く?

人気blogランキングへ

ワンクリックお願いしますね。

ありがとうございます。

| | コメント (0)

2007年11月 9日 (金)

リフレクソロジー入門講座

久しぶりの記事としては、なんですが・・・・。

初めての試みとして「リフレクソロジー入門講座を開きます。

スクール案内

リフレクソロジーって、どんなもの?という方から、ちょっと自分でやってみたい、という方に簡単なセルフ・トリートメントの方法を教えます。

2時間の講座なので、お気軽にご参加くださいね。

11月23日(金・祝)10:00~12:00

場所 あなはた栄ルーム(名古屋市中区栄2-5-11エシール白川602)

定員 6名(事前にお申し込みくださいね)

費用 5,000円(当日ご持参ください。ただし、前日、当日のキャンセル料は、3、000円)

床に座って行いますので、楽な服装で。(スカートは避けていただいたほうがよいです)

また、時間があれば、簡単なストレッチなんかもやりたいと思います。

ぜひぜひ、ご参加くださいね。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »