« セルフトリートメントの薦め | トップページ | 足と身体 »

2007年7月24日 (火)

初めての人でも

先週から、ホームケア講座と、養成講座の試験が続いて3日間連続で足モデルに。(と言ったら、バレエの生徒さんに、手タレ、足タレさんと間違われた。私の足毎週見ているのにね。笑。)

金曜、両足2回、土曜右足だけ2回、日曜、両足1回。

リフレクソロジーの基本からいうと、受けすぎ。

リフレクソロジーは、身体のバランスを取るものなので、バランスの崩れが大きい人なんかは、毎日受けると(身体はよい方向に向かっているとは言え)負担がかかる。一日2回なんてもってのほかなのだが、リフレクソロジストがそのことを身体で実感するのは大事なこと。それに、スクールのときはしょうがないのだ。(だから、週2か、週1で受けるのが一番身体に負担が少なくてすむ。)

さすがに、金曜はテレビを見ていたら9時半ごろには意識不明。

土曜も身体がしっくり来ずに、ビールもおいしくなく(普段飲みすぎのせい?)やはり、10時ごろには眠くてしょうがない。のどは渇くのに身体も、浮腫みがち。(最近水分足りてなかったんだわ)食欲もおなかが空いている割には、ない。(普段食べすぎ?)

日曜は、試験中なのにあやうく意識がなくなりそうになった。

ここで大事なのは、私に好転反応をもたらしたトリートメントは金曜、木曜ともにホームケア講座の方たちだと言うこと。

生まれて初めて、人にリフレクソロジートリートメントを行った人たち。(試験の方は別だけれどね。)

反射区もまだよくわかっていなければ、テクニックもまだまだ(当たり前だけれど)。

だけれども、反射区に対して正しい刺激を与え、すべての反射区を刺激する、ということを行えば、ちゃんと効果は出る。(好転反応が効果のすべてではないですが)

お蔭様で、日曜の夕方ごろからは、トイレも近くて2時間で5回(どれだけいらないものを抱えていたことやら)月曜の朝は身体のだるさは少し残っていたけれど、ここのところのテキスト更新で、右肩のコリコリが気になっていたのがすっかりなくなっていたし、身体の浮腫みもなくなりすっきり。

これがリフレクソロジーのよさのひとつだと思う。

その手軽さと、効果の高さから、家庭の中でも、その威力を発揮する。(言いすぎ?)

*好転反応・・・リフレクソロジーは、症状を抑えるものではなく、身体本来の機能を高めるものなので、血流をよくして、身体の中の毒素や老廃物を排泄を促す作用があります。そのため、トリートメントを受けると一時的に身体の具合が悪くなったように感じることがあります。身体が本来の環境を取り戻すと、その症状は消えていきます。(24時間ないし、48時間ぐらい)
その方のお身体の具合によってその症状もいろいろですが、主に、「身体がだるくなる」「鼻水や咳、痰、などが出やすくなる。」「消化器系の動きが活発になり、お腹がごろごろする。」「トイレが近くなったり、下痢をする。」「今の症状が強くなったり、過去の身体の不具合が出てきたりする。」「身体が緩んで、心も緩み、過去の感情が表に出てきたりする。」など、などです。まれに、熱が出る方や、頭痛がおこる方もいます。

|

« セルフトリートメントの薦め | トップページ | 足と身体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルフトリートメントの薦め | トップページ | 足と身体 »