« リフレクソロジーを受けたら | トップページ | 反射区の反応 »

2007年6月27日 (水)

リフレクソロジストの姿勢について

昔は単なるリクライニングチェアだったものが、最近では「リフレチェア」として販売されていたりする。

日本のスクールでは(サロンでは)あまりリフレクソロジストの施術のときの姿勢について重きを置いていないような感じがするのだけれど、実はとても重要なのだ。

私がリフレクソロジーを勉強したのは、最初はITECで勉強された先生、その次にベイリーだったので、施術時の姿勢については、とにかくリフレクソロジストの身体に負担がかからないように、とのことだった。

なので、私のスクールでも施術のときの姿勢を必ず指導する。(実技指導もトリートメントベッドで行う。)

楽に椅子に座っていること、椅子は、キャスターがついているもの、また、高さ調整ができるものを選ぶこと、ひじや腕を支えるものがあること、など、など。

よい施術を行いたければやはり、施術側が楽でなければ、トリートメントに集中できない。それに、仕事なのだから、続けていくことが大事。何ヶ月かで身体を壊すようなことがあっては、本末転倒になる。

正しい姿勢で行えば楽(身体にとってね)なのだ、リフレクソロジーって。決して肉体労働ではない。

それに、身体に無理なく行えば、自分の呼吸にも気をつけられるし、リフレクソロジスト自身がゆったりとした気分で行うことは、実はとても重要なこと。触れている相手には、すべてが伝わる。

なので、私の場合仕事をしているほうが身体も心も調子がいい。

受講生の方にもそういう方は、多いのだ。(ちょっと、自慢。へへ)

大手サロンに勤めているとなかなかそういうことも言ってられないだろうけれど、少し自分の姿勢を見直してみるのもいいかもしれない。

本当は、施術側も気持ちよくなるのがリフレクソロジーだから。

|

« リフレクソロジーを受けたら | トップページ | 反射区の反応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リフレクソロジーを受けたら | トップページ | 反射区の反応 »