« なぜ、そうなのか? | トップページ | ハンドリフレクソロジー »

2007年5月28日 (月)

予防医学としてのリフレクソロジー

昨日、ここ一年ぐらい、定期的にいらっしゃっているお客様から嬉しい言葉をいただいた。

「リフレクソロジーを受けてるから、毎年この時期に悩まされていた腰痛が出ないわ。それに、立ち仕事をしても、前みたいに足がだるくてしょうがないってことがなくなったしね。」

この方は、他の理由でいらしている方なのだけれど、リフレクソロジーのよさはまさにこれ。

身体全体のバランスを取って、身体本来の働きを高めるから、身体全体の調子がよくなる。まさに、一石何十鳥。

それと、予防としての効果。

身体のリセット機能をUPして、疲れがたまりにくい、回復が早い、という効果があるので、何らかの症状が出るまでに至らない。(完璧ではないですが)また、何らかの症状が出た場合でも、その回復が、早い。

慢性の疾患で、お薬を長く飲んでいる方でも、身体の基礎体力がつくせいか、副作用があまり出ない、という声もよく耳にする。

身体に何らかの症状が出る前に、身体のメンテナンスするのは、お金がかかるような気がするけれど、痛くなったり、病気になったりするのは、辛い。

何らかの症状がない場合でも、思い出したように受けるより、定期的に受けられたほうが、身体と心の健やかさは、保てるはず。

これからは、リフレクソロジーが、特別なものでも、ご褒美でもなく、毎日の日常の中に根付いていってほしいのだ。

|

« なぜ、そうなのか? | トップページ | ハンドリフレクソロジー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214165/15230614

この記事へのトラックバック一覧です: 予防医学としてのリフレクソロジー:

« なぜ、そうなのか? | トップページ | ハンドリフレクソロジー »