« 予防医学としてのリフレクソロジー | トップページ | 経験 »

2007年5月28日 (月)

ハンドリフレクソロジー

意外とハンドリフレクソロジーの事は皆さん知らないようだ。(それに、手に行うときは、オイルを使うところが多いようだしね。本来は、リフレクソロジーでは、禁忌なんだけれど。)

面白い事に、リフレクソロジーの元となったゾーンセラピーは、手に行っていたのだ。

そのときは今のような手技はなくて、洗濯バサミやゴムバンドなどで、一定の圧を一定時間かけていたようだけど。

手にしても足にしても、同じように反射区は存在するので、どちらも同じ事をするわけだし、ハンドはハンドで、よさがあるのだが、プロは、足を好む。

まず、手はやりにくい。(プロとしては)足と左右反対になるから。

それに、お客様と近すぎて、お互いが緊張する。(それに手を握るような感じにもなるので、親密な行為に近いからね。)

反射区が小さいので、プロとしては、情報を読み取りにくい。などなど。

まぁ、こんな理由でなんだけれど、反対に仲のよい間柄では、ハンドリフレクソロジーはその良さを発揮する。

二人で仲良くソファなんぞに腰掛けて、手を握り合う代わりにハンドリフレクソロジーをするなんて、よいじゃありませんか。親子で、兄弟で、恋人同士、ご夫婦で。(ちょっぴり嫉妬交じりになってます。)

それに、体験してみるとわかってもらえると思うのだが、ハンドもとても気持ちよくて、横になって受けると眠ってしまうのだ。

足に行うトリートメントも他のものに比べれば、手軽だけれど、ハンドは、もーーーっと、手軽。

看護の現場や介護の現場にももってこいだと思う。

これだけリフレクソロジーが広まったのだから、これからは、ハンドのよさも伝わっていけばいいなと思うのだ。

|

« 予防医学としてのリフレクソロジー | トップページ | 経験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214165/15230645

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドリフレクソロジー:

« 予防医学としてのリフレクソロジー | トップページ | 経験 »